【スマート農業技術の開発・実証プロジェクト】

中山間地域におけるデータをフル活用した未来型大規模水田作モデルの実証

スマート農業技術の開発・実証プロジェクトにエントリーしたのは、品質をさらに向上させ、お客様により良い商品をお届けしたいという想いからです。
そのためには弊社はいくつかの課題を乗り越えなくてなりません。


*良い土を作り、収量を向上させ、尚且つ食味が良く高品質の作物を育てること。
*作業時間を削減し、効率的に作業が出来るようにすること。
*生産コストを削減し、経営を安定させること。

スタッフが一丸となって尽力し、最新の農業機械・システム・技術を導入することで、これらの課題を克服し、中山間地域での農業経営のモデルとなるよう務めます。


《アグリノート》

ロボット農機動画


イセキ田植機(直進アシスト・可変施肥)


 

ヤンマー田植機(直進サポート)

 

クボタロボコンバイン(食味・収量計)