お米の管理について




お米を栽培するだけでなく、乾燥調整・検査・保管・精米・出荷まで全て社内で行い、
最後まで責任を持てることが我が社の誇りです。

一元管理で、より美味しく、より安全にお客様の元にお届けいたします。

お米の乾燥調整

 

←収穫された籾は、乾燥機の中へ
      乾燥機で適度な水分量に→
※1日の荷受乾燥能力(生籾)・・・約43t/日
(1石=0.1t 425石=42.5t)
←乾燥された籾がベルトコンベアーで
             

              籾摺り機へ →

 

籾摺機6インチ×2基・・・平均3.6~4.2t/h

一日の籾摺調整能力(玄米)・・・約500俵/日

(425石×1.2=510俵)

← 石抜き機にかけ
               色選機にかけ →

※色彩選別機 1次選×2基 2次選×1基 

       合計3基 最大7.2t/h

← きれいな玄米になってフレコンへ
   米袋に入れる時も、ピッタリ計量 →
← 重い米袋も軽々と積み上げ
    フォークリフトでお米の保冷庫へ →

お米の検査

農産物検査員が、玄米になった新米の色や形を見極め、等級を決める検査をします。

※地域登録検査機関 登録番号18027

お米の保管

専用低温貯蔵庫で、玄米の状態で貯蔵しています。
低温貯蔵庫の中は、常に15度以下の低温に保たれており、
お米の呼吸作用を抑え、鮮度を保ちます。

お米にとって最もよい条件で
保管・管理されてます。




※保冷庫・・・100㎡ 10馬力

お米の精米・出荷

精米したてを出荷するので、新鮮な状態でお届けできます!


※精米施設
 精米棟 200㎡ 

 処理能力 H/500kg 

 小口精米ユニット ロータリーシフター 金属検出器

お米のご注文はこちら→