エコファーマー(eco farmer)について

エコファーマーとは、農業が持つ自然循環機能を生かし、将来にわたって持続的に農業生産を行うため、たい肥などによる土づくりと化学肥料・化学合成農薬の低減を一体的に行う農業生産方式を実践している県が認定した農業者のことです。
【認証番号 32173号】

なんていうと、すごく難しく聞こえるけれど・・・

 

エコファーマーを分かりやすくいえば・・・

 

コウノトリやコハクチョウが、
安心して遊びに来てくれるような場所に
するために・・・

自社農園の籾殻で堆肥作り。
資源循環型農業を目指しています。

花を育て、ミツバチなど昆虫の住み良い環境作りをしたり・・・

春は菜の花♪

夏は一面のひまわり♪

花の季節が終われば、枯れたひまわりを土に漉き込み、来年のための土作り。

秋にはコスモス♪

住む人や訪れる人にとっても、心癒される場所になってます。


つまり、エコファーマーって・・・

田畑を守る農業を通して、自然のバランスをとるお手伝いをしています。
生態系を守りつつ、人や、植物や、動物や…様々な生き物が
気持ちよく暮らせる場所にしたいと、日々取り組んでいます。
それが、私達『エコファーマー』なのです。

私達は、そんな仕事ができるエコファーマーであることに幸せを感じ、
誇りを持って、邁進していきたいと思っています。

エコファーマーの作ったお米


農薬、化学肥料を抑えた特別栽培米に力を入れています。
農薬・化学肥料を半分以下に抑えて栽培した、
特別栽培米コシヒカリ特別栽培米ハナエチゼン、化学肥料を使わずに、ひまわり畑の土で育てた特別栽培米『ひまわり米』は、毎年完売する人気です。